株式投資をサラリーマンがやる場合、デイトレはリスクが少ないけど、サラリーマンだからザラバに貼り付けないから無理と思ってませんか?

そんなことはありませんん。
株歴20年の隠居おっさんが明日にでもできるやり方を教えます!!



はじめに。

株式投資をサラリーマンがやる場合、
将来への不安からがほとんどだと思います。
私の友人も、家のローン、子供の教育費などで生活がカツカツで
何とかしたい、と相談をよく受けます。

金銭的にやりたいことは老後になってませんか?
株式投資はやり方さえ身につけてしまえば一生ものです。
すぐ儲けられるほど甘い世界ではありません。

でも正しい指導をを受ければ、90日程度では勝てるようになります。

株式投資をサラリーマンがする場合、どのスタイルが一番いい?

ファンダメンタルによる長期投資は?

ザラバを見られないサラリーマンに一番向いている様に思えるかもしれません。
現在ではリスクがあります。

ファンダメンタル投資で少額資金を一億にしたとかそういう人がいると思います。

それに嘘はありません。
でも彼らの投資を始めた時期を見てください。
アベノミックスが始まる前後です。
日経平均が7000円行くか行かない頃です。


このころだったら私もファンダ投資を進めたと思います。
ファンダ投資の弱点は株の売却ルールが明確でないことです。
というより、売却という概念がないことです。


日経平均がピークを過ぎ、
株を売らずにいれば下落すればあっという間に含み損です。
次の日経平均の上昇まで数年間、含み損のまま待たないといけません。


私は20年間、株式をやってきました。
ライブドアショック、リーマンショックもすべて経験してます。
この時、ファンダメンタル投資をしていた人達はすべて消えました。


著名なファンダ投資だった大膨張氏は一時10億まで行きましたが、
そのあとリーマンショックでほとんどの資産を飛ばしたようです。

ブログも閉鎖して行方が分からなくなりました。
『消えた投資家、その後』いう様な題名で
雑誌で特集が組まれてました。。

最近、復活したようです。10年ぶりですね。
調べてみてください。

以前のような活躍はありません。
地味にやっているようです。

以上のように今からファンダ投資をするのはリスクが高いと思われます。




株式投資をサラリーマンがやる場合、スイングトレードはどうなの?

スイングトレードもリスクがあります。
一日から数日利益確定するので、
ファンダによる長期投資よりはリスクは少ないです。

でもスイングをメインにすると、
年に2回から3回ある株式市場の暴落に巻き込まれて儲けられません。

スイングをする場合、様々な指標(世界の株価、SOX半導体指数、経済指標、
VIX指標など)をすべて監視してないといけません。

持ち越しをした日は夜間のNY市場が気になったり、
熟睡できない日もあると思います。

株式投資をサラリーマンがやる場合、デイトレードはどうなの?


株式投資をサラリーマンがやる場合、
デイトレードがローリスク、ハイリターンです。


証券会社の自己売買部門はすべてデイトレードです。
持ち越しは禁止されてます。

なぜかわかりますか?
本来、そのぐらい持ち越しはリスクが高いのです。
デイトレードは利益率が高いのです。

毎日0.2%を複利で運用したらどんなことになるかわかりますか?
資金の回転効率が非常に高いのがデイトレです。
しかもリスクは自分で100%コントロールできます。


株式投資をサラリーマンがやる場合、デイトレだとザラバが見られないけど大丈夫なの?

ザラバが全く見られない場合、日経先物ミニのデイトレがサラリーマンに向いている。

貴方が、本気でお金を稼ぎたいなら日経先物ミニのデイトレがお勧めです。
16:30~翌5:25まで売買可能なので帰宅してからできます。
デイトレを覚えてしまえば、家に帰って10分から数十分で売買を終わらせゆっくりできます。

先物というと、現物株の影の存在のように思う人がいるかもしれません。
実は逆です。

現物株は先物の”カス”みたいに思っているトレーダーが多いと思います。

トレードで勝つためには
トレードの戦略と戦術、資金管理とトレードメンタルを持つことが必要です。

日経先物のデイトレの方法と
トレードの戦略、資金管理は↓で学べます。
https://kasegu123.com/2018/09/22/6/




株式投資をサラリーマンがやる場合、トレードメンタルをどう身につけるの?

ロビンズカップというのはご存知ですか?
世界的に有名なトレードの選手権です。
参加者は一万ドルから初めて一年で一番資産が増えた人が優勝というものです。

少し古いデータですが入賞者、上位3人の資産の増加グラフです(画像はクリックで拡大)。






少し見にくいですね。すいません。資産の伸び方は分かると思います。
図を見て、驚かれた人いませんか?

右肩上がりの直線で近似できる、↓のような図を想像してた人、多と思います。

ロビンズカップの資産の増加率の画像を戻って見てください。確かに資産は増加してますが、かなりカオス的な資産の増加率です。右上がりの直線で近似出来ないレベルです。

さらに全員一か月から長い場合は数か月、資産がほとんど増えないか減らす期間があります。

もし、あなたが勝てるデイトレの手法(戦略と戦術、資産管理)を身につけても
このように1か月から数か月毎日売買して資産が増えなかったり、減ったりした場合でもそのデイトレのルールを崩さずに毎日売買できますか?


まず、99.99%だめだと思います。
勝ち組というのは一年のうち、資産の伸びが停滞する時期があるのを知っています。

ルールを崩さずにやっていればいずれその停滞期を突破してまた資産が伸びだすというのを経験しているから、ルールを崩さないのです。

ところが、デイトレをやったことがない人、初心者は分からないので毎日売買して、資産が増えなかったり減ったりする時期が一週間も続くともうだめです。

これまでのやり方に自信を無くしてしまい、せっかく勝てるデイトレの手法を持っていてもそれらを変更してしまいます。

ナンピンしたり、ロスカットをしなかったりして最終的に典型的な負け組になります。

一人でここを突破できる人はいません。これがあなたの負ける仕組みです。
ドキッとしてませんか?

どうしたらいいのか?なんですが指導者のメンターを持つことです。
この停滞の時期にリアルタイムでアドバイスをもらいながら、トレードをすると
突破できます。伴走者が必要なのです。
↓を見てください。その伴走者のサポートを受けられます。
https://kasegu123.com/2018/09/22/6/
h

おすすめの記事