株のおすすめ本;はじめに。

トレードの初心者や初級者は、株の本を買おうと思っても、
沢山あってどれがいいか迷いますよね?

私も初心者のころはそうでした。
ファンダメンタル投資の本はそれほど数がなく、良本ぞろいですが、
スイング、デイトレードは玉石混淆です。


スイング、デイトレの本で、どれを読んでいいか悩んでいませんか?
今からその悩みを解決します。
10分程度お付き合いください。



デイトレ、スイングの本は
トレードしたことのないアナリストの本が多く、ダメ本の方が多いです
さらに恐ろしいことに、出版社が架空の人物を作り上げる場合があります。


フォレスト出版社が投資助言業をはじめて、外資ヘッジファンド出身の『ミスターストップ高』 『推奨した銘柄の7割はストップ高になる投資家A氏』を捏造し、メルマガで株を推奨してました。

実際は編集者が適当に銘柄を選んでただけでした。
奨銘柄はほとんど下落し、架空投資家A氏の推奨銘柄を買った人は損失を出しました。

内部告発があり、金融庁から行政処分をくらい一時大騒ぎでした。

こんなこともありますから、スイング、デイトレの本は慎重に選びましょう。
他のブログだと縦割りで紹介してますが、このブログでは横割りで行きます。
この方が初心者には分かりやすいです。



株の本おススメの本;スイング、デイトレの本は、著者が重要なことを書かない。

スイング、デイトレの本はどんな本も重要なところをわざと書いてないか、ぼかして書いてありあす。

例を挙げます。

1990年に発売されたトビークレイベルの
『Day Trading With Short Term Price Patterns and Opening Range Breakout』です↓。 

世界的なトレーダー、ヘッジファンド運用者のクレイベルの初の本でした。

著者本人が『書きすぎた』といって発売日の翌日、
絶版回収となった本です(笑)

たった一行ですが、手違いである方程式が掲載されてしまい、
それが彼の手法の戦略のすべてでした。

おそらく校正段階で削除する予定だったのでしょう。
手違いがあり、掲載されてしまったと思われます。
その為、著者が発売翌日に回収絶版になりました。

回収を免れたクレイベルの本が
日本のアマゾンでも現在、ボロボロの本で44000円、美品だと14万円前後で売っています。

『あなたも株のプロになれる』↓

うねり取の名著ですね。
『あなたも株のプロになれる』では”逆張りでナンピン建玉”と書いてあるので
本の通りに逆張りをしてみんな爆死するという本です。
よく読めばわかりますが、立花氏は逆張りはしてません。
順張りです。”順張りの押し目”でエントリーしてます。

立花氏の場合、戦略は”建玉操作”にありますが、
わずか数行、目立たないようににさりげなく書いてます。

そのため、数回読んだだけでは気が付きません。
私も10回読んで、初めて気が付きました。





このように、肝心な部分は書かれてないか、
敢えてぼかして書いてあります。
そこのところを意識して本を買わないと

「なんだよ、言ったとおりにやってるのに全然上手くいかないじゃん!!嘘ばっかり書きやがって。」

となります。

嘘は書いてないんです。
ただ重要な戦略のところが書いてないか、
書いてあってもぼかして書いてあります。



株のおすすめ本;スイング、デイトレで勝てない人必見!!勝てるようになるためにはこの3冊だけ!!

本をたくさん読めば勝てるようになると思っている人、いませんか?
スイング、デイトレの株式投資の場合、
本は読みすぎると、遠回りになります。



早く勝てるようなる人ほど、一冊から3冊ぐらいしか本は読んでません。
ちなみにBNF氏は一冊です。

本を読みすぎると勝てなくなる理由;

1.本は戦術レベル(テクカル分析)だけしか書いて無く戦略がないこと
       (トレードの戦略と戦術については↓)
https://kasegu123.com/6/

2.本に書いてあることと実際のトレードでは違うところがる。
  実践から学び、自分の頭で考えていく必要がある。
  

1はリンクを見てください。

2についてですが、これはデイトレ、スイングで本を読みすぎると
実践から学んで、”考える”という事をしなくなります。

本の知識を吐き出すだけ。
テクニカルをパズルのように個別チャートに当てはめだけになります。

そうなると実際の相場に対応できません。
以上が本を読みすぎると勝てなくなる理由です。


株のおすすめ本;デイトレの本はこの2冊で十分!!私が保証します!!

デイトレ、スイングでは
まず戦略、次に相場に対してどう頭の働かせるか?
がテクニカルよりずっと大切です。
テクニカルは重要度では20%ぐらいです。

相場に対してどう頭を働かせるか?
”相場の思考の技術”を学べるのが本書です。
テクニカルなどの方法論は一切書いてません。
それらはあまり重要ではありません。

日経BP『デイトレード』(オリバーペレス著;日経BP)


ぜひ、本書を読んでください。
2回や2回ではなく数回から10回読んでください。
そして言われたとおりに、やってください(トレード日誌のつけ方など)。

あやまった使い方;ここを誤読してはいけない!

初心者だと相場の精神論の本だとよんでしまうことです。。
そうではありません。

『デイトレード』(オリバーペレス 日経BP)は
”相場に対してどう頭を働かせるか?”の技術書です。
翻訳者もディーラーだった林康史が書いてあるので、
翻訳本にありがちな、誤訳、読みにくさはありません。

重要な部分をノートに書き写すぐらいの意気込みで読んで下さい。





『株価チャート練習帳』(東洋経済新報社;秋津学著)

テクニカル分析の本です。
『デイトレード』(日経BP社)の本ではテクニカルは一切掲載されてません。
よってテクニカルの本が一冊必要になります。

いろいろある中でこの本をお勧めする理由は
1.著者がトレーダー

2.本の構成がテクニカル解説→実際のチャートで問題形式→回答
という構成になっていて、身に付きやすい。

3.ほぼすべてのテクニカルを身につけられる

あとトレードの戦略について必要です。
これについては↓を見てください。
https://kasegu123.com/6/

デイトレードの戦略を身につけ
『デイトレード』(オリバーペレス著 日経BP)と
『株価チャート練習帳』(東洋経済新報社;秋津学著)
で学んだ後は、実践あるのみです。

最初のうちは、
教科書的な見え見えのエントリーで
ほとんどロスカットに引っかかてしまうと思います。

それで当たり前なのです。
相場を観察してエントリーポイントを少しづつ、
変更して、大口のふるい落としに引っかからないようにしていって下さい、。




実力がついて
実践の中で自分の性格にあったテクニカルが分かってきて、
最終的に3~7つぐらいのテクニカルしか使わなくなります。

どのテクニカルに落ち着くか?はその人の性格とかによりますので
具体的に話すことはできません。
真面目に取り組めば1か月ぐらいで見えてきます。

余談ですが、私の弟子はテクニカルのトライアングルがお好みで、
それ一つだけでトレードしてました。
もちろん利益も出し、それで都内に区分マンションを購入しました。

上達しない人ほど、使うテクニカルが多い感じがします。





株のおすすめ本;スイングのおすすめはこの2冊
で十分!!私が保証します!



『株価チャート練習帳』(東洋経済新報社;秋津学著)

スイングもエントリー、イグジットはテクニカルですので、
デイトレで進めた『株価チャート練習帳』(東洋経済新報社;秋津学著)
がおススメです。理由も同じです。

『実践 生き残りのディーリング』(矢口新一著;パンローリング)

スイングとデイトレでは相場に対する頭の働かせ方、
思考方法がすこし違います。
スイングトレードで相場に対する頭の働かせ方の技術書が
『実践 生き残りのディーリング』(矢口新一著;パンローリング)
になります。

もちろん、矢口さんも現役ディーラーです。


デイトレードとスイングトレードの場合、相場に対する頭の働かせ方、考え方がどう違うのか?とうこことですが、

1.数十分から1時間程度で完結するデイトレの場合、勝率が大事。勝率の高さと資産の伸びは一致する。

2.数日で完結するスイングトレードの場合、儲けてない人は勝率が高い。
  スイングトレードは勝率ではない。儲けている人は、勝率3割りぐらい。

2について説明します。スイングで儲けている人の勝率は3割ぐらいです。
利益が乗ったら、徹底的に利益を伸ばすようにトレードするので、
利確失敗薄利、ロスカット、になり理想の利益確定は3割ぐらいになります。

ここが一番デイトレの思考と違うところです。


スイングで儲けてない人は、勝率が高く、それぞれのトレードが薄利で終わってる。という傾向があります。

この辺も『実践、生き残りのディーリング』に書いてあります。


もしあなたが、デイトレ、スイング両方やるのなら
『実践 生き残りのディーリング』(矢口新一著;パンローリング)
『株価チャート練習帳』(東洋経済新報社;秋津学著)
日経BP『デイトレード』(オリバーペレス著;日経BP)

の三冊で十分です。あとは時間軸戦略だけは本に書いてないの
↓で学んでださい。
https://kasegu123.com/6/

おすすめの記事