はじめに

はじめてトレードをしたとき、上手くいったので『デイトレってこんなに簡単に儲けられるんだ!
よし本格的にやるぞ!!』と意気込んでデイトレの勉強をはじめます。
すると勉強すればするほど負けトレードが多くなって悩んでませんか?

どうしてそうなるのか?その理由と解決策をこの記事で紹介します!!

デイトレの手法;勉強する程、あなたが勝てなくなる理由

最初は勝てて、本を買い込み本格的なトレードの勉強をすると勝てなくなります。
あなたは『あの勝ちはビギナーズラックだったんだなあ・・・・。』なんて思うかもしれません。
いえ、それはビギナーズラックじゃないんですよ。

大多数のトレーダーは負けます。
トレードをしている人の多数派は損をしているのです。
トレードで勝っている人は少数派です。

知識がなく、トレードを始めたときは
この少数派に入っていたから勝てたのです。

本を読んで勉強することでトレードで負ける
多数派に入ってしまったから損をしているのです。

これをバンドワンゴン効果と言います。
もし、あなたが今言ったようにトレードで負け続けているのなら
エントリーポイント、リカクポイントを逆にしてみていかがでしょうか?

たとえば、ブレイクアウトで買って損ばっかりしているのなら逆に
ブレイクアウトで売ってみるとか。

何故、思いつかなったのでしょうか?
それは本で”ブレイクアウトで買い”
と書いてあって洗脳されていたからではありませんか(決してブレイクアウトで買うのを
ダメだというのではありません)?

実際、ブレイクアウトでの買いをひっかける
タートルスープという手法があります。

トレードの大多数派と違うエントリー、リカクポイントが重要ということです。

デイトレの手法;テクニカル分析は思っているほど有効ではない

勝てないトレーダーの大多数は、テクニカル分析に振り回されています。
あなたもそうでしょう?

テクニカル分析はそのまま使っても有効ではありません。
ダマシがバンバン出て損切りばっかりだと思ます。

他の指標と一緒に使わないとテクニカル分析は上手く機能しません。
たとえばブレイクアウト。ブレイクアウトの手法は
あなたも使ったことがあると思います。

ブレイクアウトが通用するのは相場が強い時です。
相場が強い時というのは、マザースの銘柄ならマザーズ指数先物、
東証一部なら日経先物が上昇しているときです。
こういう時にブレイクアウトで入ると成功する可能性が高まります。

この様にテクニカル分析はほかの指標と合わせて使わないと上手くいきません。
個別株にいきなりテクニカル分析を当てはめてエントリーしても勝率は低くなります。

トレードには戦略と戦術があります。
最後の章でこの戦略と戦術について説明しますので今少し我慢してください。
今のは指数戦略です。
指数と同じ向きに仕掛ける。
指数の向きと違う方向へのテクニカル分析のシグナルは無視する(エントリーしない)

お勧めなのは時間軸戦略です。
時間軸戦略については↓をみてください。
https://kasegu123.com/6/

デイトレの手法;使うテクニカルはミニマムにする

テクニカルは色々とありますが、ミニマムでいいと思います。
大体3つぐらいでしょうか?

勝ててるトレーダー程、使っているテクニカルは少ないです。
というか、たくさんのテクニカル分析を使って儲けているトレーダーはいません。

デイトレの手法;デイトレードは時間で見る
時間軸戦略を使ったトレードを一つ紹介!

『大多数のエントリーはダメって言われてもわかんねえよ。
具体的にどうすればいいんだよ!』
とあなた言うかもしれません。ご安心ください。
具体的に話します!

デイトレードは時間で見ること。
これが大切です。
よく大物トレーダーが9時から10時までしか
トレードがしなかったりしてますよね?

このブログはほかのブログで書いてないことを
書くことをモットーにしてます!

今からこの辺を詳しく書きます。
勝てるトレーダーというのは、意識的にせよ、無意識的にせよ
時間でトレードを見てます。
この辺をみんな言いません(笑)。


ランダムに動いていように見えても
実は相場(個別銘柄)の動きというのはある時間で規則的に

①それまでの動きがさらに加速する
②それまでの動きから反転する

この二つの動きするポイントがあります。
その時間帯を体感的に知っているのです。

たとえば9時30分前後(もちろんぴったりになるとは言いません。9時25分頃や9時40分)
②がよく起きます(それまでの動きから反転する)。


下落銘柄を監視しておいて
9時30分ごろに
①歩み値で大口約定があったりアップティック(直前の約定した金額より上で約定すること)
が多くなるのを確認
②そしてテクニカル反転シグナルでエントリー
③欲をかかず、大きな売り板の手前で利確
⓸反転せず、そのまま下落を続けるようならロスカット

この手法を試してみてください。
トレードは9時から10時手前でやめること。
毎日たった一時間でいい。
決して欲をかかないこと。
これだけで勝率がぐんと上がります。

これで勝ち癖をつけてください。
大きく取るのはこの後です。

この様に時間軸戦略が非常に大切です。
他にも相場が半手する時間があります。
この時間軸戦略については↓を見てください。
https://kasegu123.com/6/

無料メルマガ【一年で元金を2倍にする講座】読者無料プレゼント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★特典1「初心者でも利益確定、損切りポイントがわかる!!」
     トレードシナリオマニュアル(PDF)。

★特典2 初心者でもすぐ使える正しい戦略・戦術セットの手法
     180ターン法。

★特典3 180度ターン法を使ったトレードシナリオマニュアル見本

★特典4 トレードで成功するための目標管理・心理ワーク

↓無料なのでよかったら申し込んでみてください。














おすすめの記事